2008年08月10日

そろそろ夏休みですね。

 暑い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか?

 そろそろ世間的には夏休みですが、ウチの会社は暦通りの休みが基本で、取引先と調整して有給消化するタイプです。酷いナァ・・・・

 いつもお世話になっているディーラーも、長期休暇はキッチリと休んでいるようですが、そんな時に限って車のトラブルって出るんですよね〜。

 過去にも長期休暇の時に急に部品が必要になって、大騒ぎしてディーラー巡りをしたことがあります。日頃からきちんと点検していれば良いのでしょうが、最近の車はあんまり壊れないですから、どうしても調子が悪くなるまで乗ってしまいますよね。

 そう考えると、ディーラーからのダイレクトメールにあるシーズンチェックは、けっこう理にかなっているんじゃないかなぁと思います。

 皆さん、シーズンチェックってされてます?

 


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 22:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 青年の主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

Internet Explorer 8

 タマには本職のナンチャッテIT技術者らしい記事を書いてみます(笑)。
IE8.PNG このブログにアクセスされている方の7割くらいの方が利用されているInternet Explorer(以下、IE)ですが、そろそろVersion8の姿が見えてきました。
 今回のバージョンアップの目玉はレンダリングエンジンの大幅刷新(完全標準準拠??)でして、CSSの解釈がかなり変更になるとのことです。
 マイクロソフトもこの変更点を重要視しており、当初はCSS解釈の初期値をIE7にしておりましたが、紆余曲折があってIE8を標準をするそうです。
 つまり、今のレイアウトが崩れる可能性がある!ということです。

 これを防ぐには二通りの方策があります。
・IE8対応のCSSにて再作成する。
・ヘッダやMETAタグに「IE7のCSSでお願い」とおまじないをする。

 IE8に対応させるのが恒久的に良いらしいのですが、IE7やIE6での表示が保証されませんので、それぞれのブラウザに対応したページを作成できるコンシューマ向けサイトならまだしも、なるべく手を掛けたくないブログには不向きだと考えます。

 よって、ヘッダにおまじないをするのが現時点ではベターな方法だと思います。具体的にはMETAタグにhttp-eqiv="X-UA-Compatible" content="IE=7" とか "IE=EmulateIE7"と記述するようです。

 8月末頃にIE8 Beta2(日本語版)がリリースだそうですので、そろそろ試してみようと思います。
posted by こうちゃん at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 青年の主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

試乗のマナー?

 Yahooのニュースを見ていたら気になる記事が・・

「試乗させる際に適切な指導を怠った結果、暴走したベンツで男性をはね、重体にさせたとして、警視庁東京湾岸署は26日、助手席に乗っていた販売店の男性(38)を業務上過失傷害の疑いで書類送検した・・・」

 うーん、はねたドライバーは23歳なので、その親が怖い人だったのかなぁと読んでみました。

 それにしても、50キロの制限速度を150キロで爆走って、、、せめて自動車専用道路でスピード出しなさいよ、もちろん「ドライバーの自己責任」で!!


 これからディーラーで試乗する時には、助手席に営業さんが必ず乗って、

「いいですか、この車はとっても速いですから、アクセルはゆっくりと2センチくらい踏み込んでくださいね。」

 とか言われるのでしょうか・・・。営業さんも大変だね。
posted by こうちゃん at 12:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 青年の主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

車が水没したら・・・

 今回の豪雨で、愛車が水浸しになってしまった方もみえると思います。
 僕も8年前の東海豪雨で愛車のプジョー306(日本に50台だけの特別仕様車)を失いました。そんな悲惨な経験で学んだことをいくつか書こうと思います。

・冠水した道路は走らない
 車のサイドシルに触れるくらいに冠水していたら、その道は走らない方が良いです。普段、水がかからない箇所に水が入りこんでしまいます。それが原因でボディのサビの発生や、電装系のコネクタがショートする危険があります。

・エアインテークの位置に注意
 一般的な車は、エンジンルーム上部(グリルの隙間やライト裏)から吸気していますが、競技車両のベースモデルになると、上部の熱い空気を嫌って、下の方から吸気するものがあります。(僕のプジョーもそうでした)
 すると、大した冠水で無くとも、対向車の起こす波でストローの要領でインテークに水が入ってきます。それが溜まるとウォーターハンマー現象が発生して、バルブが歪んでしまいます。

・室内に冠水した場合
 一応、ダッシュボードの下まで冠水しても車は走ることで出来るケースがありますが、その車は長く乗ることは困難でしょう。
 室内のカーペットとシャシの間には、配線が山のように這っています。極力、ハーネスを使わない構造にしてあると思いますが、万全ではありません。
 それ以前にウレタン素材が泥水を含んでますので、しっかりと洗って乾燥させてないと、悪臭を放ってグズグズに腐ってきます。

・車両保険の支払いについて
 自爆OKの保険でも、明らかに深く冠水してしまっている道に突入した場合は、故意による車両の損傷となって、保険金が下りないケースがあるそうです。周囲に車が走っていない状況での水没は、保険屋さんとの交渉で不利になると思われます。

・不幸にも水没してしまった場合
 直ぐに新車を購入できるようなリッチな方は問題ありませんが、とりあえず繋ぎで中古車を選ばれる場合は、豪雨の前に買い取られた車両にしましょう。
 冠水被害に遭った車両は中古車市場に流れる確率が高いですから、早め早めの行動が肝心です。
 被害に遭った地域以外でも中古車は要注意です。8年前も水が引いた後に近隣の地方の中古車業者がオークションに流すタマを探しに大挙して来ていたそうです。


 大事な愛車が水浸しになってしまったら、そのまま乗り続けるには相当の覚悟が必要です。僕も高い勉強代を払いましたが、乗り換えて良かったと思います。
 被害に遭われた方の一日も早い復旧をお祈りします。


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 青年の主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

車が水没したら・・・その2

 アクセス解析を眺めていたら、先日書いた記事に、結構な数の検索がヒットしているので、水没して困ってる方が多いのかなぁと思い、当時の経験をもう少し書きます。

 幹線道路を走っているときは、タイヤが隠れるくらいの水深でしたが、時折、エンジンが失火しているような挙動をしていたので、少しづつ泥水がシリンダー内に入っていたのかもしれません。
 あともう少しで駐車場というところで、路地を曲がったら急に水深が深くなっており、フロントの接地が甘く感じました。
 そして、対向車線をトラックが走って来て、大きな波が寄せてきました。
 
 「プスン・・・」

 最後はあっけないものでした。

 何度セルを捻ってもセルモーターが唸るだけです。しかも数回廻しただけで、焦げ臭い匂いが・・・はい、セルも焼けました。雨が降ってるので火災にはならずに済みました。

 豪雨の中、路肩に車を押して停めて、JAFに電話をしましたが繋がりません。翌日にようやく繋がったら、1週間は予約で一杯で動けないとのことです。
 車で1時間程度の距離にある購入ディーラーに電話すると、ディーラー近辺もかなりの被害でレッカーを遠くまで廻す余裕は無いとのこと。
 保険屋さんに電話すると、JAFでなくてもレッカー業者でディーラーに持って行き、領収書さえ貰っておけば良いと教えてくれました。さっそくタウンページでレッカー業者をあたりましたが、なかなか捕まりません。川に転落した水没車を引き上げたりと時間が読めない作業が多くて時間通りには来れないとのことです。
 それでも半日待って、レッカーに来てもらい、通常より高い特別料金を払って、ディーラーに運び込みました。

 そして言われたのが、、、

 修理の見積もり査定を行いますが、順番待ちが大量にありますので、いつ取り掛かれるか分かりません。保険会社のアジャスターも絶対数が足りないようですので、協定金額の確定が、いつになるかはっきりと申し上げられません。
 また、当社で乗り換えをされるのであれば、修理の見積もりは無料ですが、廃車のみ、もしくは他社での購入をされるのであれば、見積もり額の10%を見積もり作成料金として頂きます。


 とのことです。あぁ、世の中ってそうは上手く出来てないよね・・・このときはかなり凹みました。
 でも、よくよく考えてみると、ディーラーも見積もりをするのは大変な工数が掛かりますし、保険のアジャスターと交渉して全損に持ち込んだのに、他に逃げられるなんて避けたいですから、しょうがないですよね。

 帰り際に新型の即納の在庫車のお誘いがありましたが、そんな話をする気にはなれず、ディーラーを後にしました。
posted by こうちゃん at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 青年の主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。