2009年06月04日

335セダンのオイル交換(後編)

 前回の続きです。

CIMG2430.JPG オイルフィルターはカートリッジに刺さってるだけですので、思いっきり引っこ抜けばOKです。
 古いオイルは墨汁のように真っ黒でシャビシャビです。


CIMG2432.JPG 新しいフィルターをカートリッジにセットします。
 カートリッジ側のゴムパッキンも忘れずに交換しておきましょう。


CIMG2435.JPG フィルターの取り付けです。
 ネジ山がしっかりと噛み合ってることを確認して、手でしっかりと締めます。ラチェットでサクサクと締めることも出来ますが、ネジ山を潰してても分からないので、出来るだけ締める時は手作業で行ってます。


CIMG2436.JPG ブラケットとフィルターのかみ合わせにマーキングを発見しました。
 前回のディーラーでの交換の際に、メカの方が付けていたのでしょう。こうしておけば適正なトルクで取り付けられますから、作業が確実ですね。


CIMG2437.JPG そうこうしているうちにオイルが抜けたので、下に潜ります。
 ドレンのメタルガスケットを取り替えて、17ミリのソケットで締め込みます。レンチが止まるところまで締め込んで、そこから30〜45度くらい増し締めしました。


CIMG2446.JPG 抜けたオイルは真っ黒です。古シーツに染み込ませて燃えるゴミとして捨てました。
 オイル受けとして使った容器は、普段は工具入れとして使っているので、綺麗に洗ったのですが、これがなかなか綺麗にはなりません。これだけ油膜がしっかり張っているのは潤滑性能の現れでしょうか(笑)


CIMG2441.JPG 後はオイルを注ぐだけです。6気筒エンジンはフィルター交換込みで6リッターです。どうしてオイルを注いでいる時って幸せに感じるんでしょうね(笑)


CIMG2445.JPG 5分程度アイドリングし、i-Driveでオイル量を確認するとピッタリでした。
 こころなしか、エンジン音が静かになったような・・・いや、いつも乗ってないので分かりません。。。


CIMG2443.JPGおまけ:今回の被害

 車をスロープで上げた際に、ブロックが砕けました。被害額157円也 


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ


posted by こうちゃん at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 点検・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー

古いオイルを抜いて新しいオイルを入れるときの幸せ感、よく分かります♪

ブラケットとフィルターのマーキングは参考になりましたー
いつも情報提供、多謝でございます

Posted by amataro at 2009年06月04日 17:18
>amataroさん
 こんにちは。
 分かって頂けますぅ?あの爽快感!
 あとはレベルゲージでオイル量を上限ギリギリに調整するのが、この上なく楽しいのですが、最近のBMWはオイルレベルゲージが無いので、その辺りは不満です(笑)
 求む!レベルゲージ復活!!!
Posted by こうちゃん at 2009年06月05日 08:49
オイル交換も余裕綽々ですねぇ(^^;)
こういう作業がと〜っても苦手なので、ディーラーに工賃とられてます・・・

オイルゲージ、未だにGSでボンネット開けてキョロキョロしている店員の方がいらっしゃいますね(笑)
Posted by hitomin at 2009年06月05日 15:04
>hitominさん
 こんにちは。
 確かにジャッキアップして、オイルで手を汚して、オイルを処分してと手間な作業が多いですね。
 それでもオイルを注ぐときは幸せな気分になれるので、是非とも次回のオイル交換の際は、オイル注入の儀式だけでも体験させてもらった方が良いですよ(爆)
Posted by こうちゃん at 2009年06月05日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118988950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。