2008年08月27日

試乗のマナー?

 Yahooのニュースを見ていたら気になる記事が・・

「試乗させる際に適切な指導を怠った結果、暴走したベンツで男性をはね、重体にさせたとして、警視庁東京湾岸署は26日、助手席に乗っていた販売店の男性(38)を業務上過失傷害の疑いで書類送検した・・・」

 うーん、はねたドライバーは23歳なので、その親が怖い人だったのかなぁと読んでみました。

 それにしても、50キロの制限速度を150キロで爆走って、、、せめて自動車専用道路でスピード出しなさいよ、もちろん「ドライバーの自己責任」で!!


 これからディーラーで試乗する時には、助手席に営業さんが必ず乗って、

「いいですか、この車はとっても速いですから、アクセルはゆっくりと2センチくらい踏み込んでくださいね。」

 とか言われるのでしょうか・・・。営業さんも大変だね。
posted by こうちゃん at 12:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 青年の主張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうちゃん、こんにちは。月光花です。

今回はセールス氏の責任も重いっしょ。
レーサーでもない若干23歳の運転経験でAMGの
パワーを扱いきれるわけがないもの〜

それを分かってて販売優先の為、自由に試乗さ
せ、被害者に重症を負わせるんですから〜

検察が責任を追及するぐらいの呆れた販売方法
だったんだと推測されますぅ〜

被害者の大学生が無事回復されることを切に願
いますぅ〜
Posted by 月光花 at 2008年08月27日 15:15
どっちもどっちだと思いますね。

バカ二人組み。

被害者はいい迷惑。
Posted by E91-320 at 2008年08月27日 22:01
いつも楽しく拝見させてもらっています。

いや〜、居た堪れないですね。

どうなんでしょう、僕は今22歳ですが、BMWやLEXUSを試乗した時、速度について何も言われなかったですけれど、150キロはパワーを扱えるとか扱えないとかいうレベルじゃないと思いますよ?

モラルの問題だと思います。
どうして営業さんが捕まらないといけないんでしょう・・・。
Posted by クララ at 2008年08月28日 01:53
>月光花さん
 おはようございます。
 このディーラーは普段から警察や検察に睨まれるようなことでも有ったのでしょうか?
 ディーラーで初めて試乗や代車を借りる際に、誓約書にサインを求められることがありますが、これからは毎回、誓約書にサインしないといけなくなったりして・・・

>E91-320さん
 おはようございます。
 う〜ん、150キロに到達する過程で、営業さんが抑止できてなかったとしたら、どっちもどっちですよね。
 
 被害者の方が回復されることをお祈りいたします。

>クララさん
 おはようございます。
 いつも見て頂きありがとうございます。

 正直なところ、交差点や歩行者の無い環境であれば、21世紀の普通乗用車でしたら150キロでも安心してハンドルを握ってられると思います。
 ですが、歩行者や交差点のある環境では、余程の洞察力が無い限りは危険極まりない行為ですね。

 この書類送検された営業さんは、おそらくドライバーを煽る様な発言や行為が認められたのだと思います。そんなお客に捕まったのは不運ですが、そんなお客に試乗させたのは、ディーラー側のミスだと思いますよ。
Posted by こうちゃん at 2008年08月28日 08:56
こうちゃんさんこんばんは。

確かに助手席に乗っていたのであれば、
ディーラーの方の責任が問われても
しょうがないのかもしれませんが、
一番は試乗車の運転なので何でもありと考え、
速度を超過した運転者に責任があると思います。

何よりも事故に巻き込まれてしまった方の
一日も早い回復を望みます。
Posted by はむ at 2008年08月28日 22:00
>はむさん
 おはようございます。
 このような事件が起きることで、ディーラーで試乗や代車の貸し出しが渋くなると嫌ですよね。
 まじめにやってる営業さんには、いい迷惑な事件だと思います。
Posted by こうちゃん at 2008年08月29日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105500120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。