2009年01月08日

320クーペのオイル交換(フィルター編)

 前回に続いてE92 320クーペのオイル交換です。

CIMG1540.JPG ドレンからオイルを抜いてる間に、フィルターの交換です。
 環境に配慮した作りのBMWはフィルターの濾紙部分のみ交換可能なタイプですので、昔の車みたいに鉄で出来たフィルターのパッケージにドライバーを突き刺して廻すなんて荒業は使えません。


CIMG1539.JPG 用意するのはKTCから出ているBMW用のフィルターレンチAVSA-086です。定価は3340円ですが、楽天で送料込みで2500円ちょっとで購入できます。
 カタログには4気筒用と書かれていますが、N5*系のエンジンにも問題なく適合します。


CIMG1544.JPG フィルターレンチをラチェットに付けて緩め、後はラチェットを外してフィルターレンチを手で廻します。
 そして上に引き抜くと、、、、ウゲッ!黒い!こんな黒い液体がエンジンを循環していると思うと、ゾクゾクしますね。


CIMG1545.JPG 外すとこんな感じです。紙のヒダヒダがフィルター部分ですね。前回のオイル交換ではフィルターは交換していないので、14500キロもお疲れ様でした。
 フィルターを外すと、ドレンから一気にオイルが流れ出しますので、フィルターの交換が終わるまではドレンは開けたままにしておきましょう。


CIMG1546.JPG 続いてフィルターとアダプターを分離させるのですが、オイルを吸ったフィルターは外れにくいです。
 大胆かつ豪快な僕は容赦なく破壊して外します。

 (ここが一番の過ちでした・・・)


CIMG1547.JPG アダプター部分はこんな感じです。パッキンが大・小・小の合計3つです。フィルターに付属していますので、大丈夫かと思いますが、パッキンは高温に晒されているので、必ず交換しましょう。


CIMG1538.JPG さて、フィルターのパッケージを開けて・・・・

 うん?パッキンが足りない・・・しかもフィルターの中心部分のゴムの部分が無いぞ?
 よーく、見てみたら同時に購入した335セダン用の6気筒エンジンのフィルターでした(笑)
 なんだぁ、焦るなぁモウッ!


 そして、もう片方のパッケージを手に取ると・・・ウム??なんで、こんなに箱がデカイの?
 箱の中にはかなり大きめで、濾紙の周囲が鉄でカバーされた、いかにも高性能エンジン用なフィルターです。
 品番を調べると、、、S50系のエンジン用でした。そうです、Mモデル用でした(笑)

 ディーラーで完全にお任せで用意してもらったので、今回は装着前に部品番号なんてチェックしてませんでした。おーい、Dさんっ!部品間違ってまっせ!


 (次回、感動のフィナーレ・・・に続く。)


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 点検・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。