2009年01月07日

320クーペのオイル交換(ドレン編)

 準備が整ったので交換作業をはじめます。今回はDIYオイル交換の普及活動の一環として丁寧めに解説します。

CIMG1531.JPG まずはジャッキアップ。
 完全に車の下に潜ることになるので、ウマを噛ませるか、車輪の下にブロックを置いて、万が一のサバイバルスペースを確保しましょう。
 出来れば寝返りがうてるくらい上げて置くと楽チンです。
 あんまり傾けると全部のオイルが抜けないと思う人も居るでしょうが、そもそもオイル交換で100%のオイルが入れ替えられるワケが無いので気にしません。


CIMG1530.JPG 空力に拘った車はシャシの下部全体がカバーに覆われていて、交換の際には外さないといけないものもありますが、BMWはメンテナンス性を考慮して、交換用ハッチが設けられてます。
 前輪車軸上にある台形の切り欠きがハッチです。太めのマイナスドライバーで180度回転させます。小さいドライバーでは樹脂を痛めてしまうので、注意してください。


CIMG1532.JPG ハッチを開けると、黒い六角のドレンボルトがあります。
 このドレンは17ミリ角で、ホイールのボルトと同じサイズです。少し奥まったところにあるので、普通のソケットでは届きませんので、ロングソケットかエクステンションバーを用意しておきましょう。


CIMG1536.JPG ドレンを軽く緩めて、オイル受けを下に配置します。
 脱出体制を整えて、手でゆっくりとドレンを廻して、ボルトが外れた手ごたえが有ったら、ドレンから指を離し、、、逃げます(笑)
 勢い良くオイルが出てきますので、ドレンはオイル受けに捨ててしまってOKです。


CIMG1535.JPG どんなに慣れても、手はこんな感じになりますので、綺麗好きな方は軍手や使い捨て手袋をしておきましょう。
 オイルが目に入ると危険ですので、メガネやゴーグル、水中メガネなどを装備しておくのが良いかも知れません(笑)


 (次回、波乱のフィルター編に続く)


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 点検・メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。