2008年09月21日

モールの曇り

 非Mスポの320の良いポイントの一つとして、ウィンドウモールが艶消し黒というのが挙げられると思います。人によっては、メッキじゃないと嫌という方もみえると思いますが、Mスポのブラックモールや6気筒車のメッキモールの頑固な曇りを見てしまうと、「あぁ、艶消しで良かったぁ」と思ってしまいます。
CIMG1137.JPG 残念(?)なことに、335セダンはMスポですので、購入10ヶ月でこんな有り様です。鱗状のシミが全体に付いてしまってます。アバタもエクボとは言いますが、シミは誤魔化せないですね。
 洗車のたびにオーナーの女性から「何とかしなさい!」と強いご要望を頂いてましたので、ようやく重い腰を上げてみました。


CIMG1131.JPG 用意する道具はコレ。
 電動ドリルにバフ、マスキングテープ、後は写ってませんが、コンパウンド入りの液体ワックスです。
 バフはDIY店で売ってる、布製のモノです。


CIMG1139.JPG まずは、マスキングテープをモールの周囲の外板やゴムモールに貼ります。そんなにキッチリと貼る必要はありません。


CIMG1134.JPG そしてコンパウンド入りワックスをモールに塗って、暫く放置してからギュイ〜ンと、バフ掛けします。
 ドリルの速度は速めで、モールに対して縦横に当たるように磨いていきます。ドリル本体の回転部分がボディに触れないように気をつけてください。


CIMG1142.JPG あんまり強く押し付けたり、長い時間同じところを磨いていると熱を持ってくるので、手で温度を確認しながら作業をしましょう。


CIMG1144.JPG 1時間くらいで全てのモールの磨きが完了しました。
 まだ少し鱗が残ってますが、ずいぶん見栄えは良くなりましたので、オーナーの女性も満足されたようでした。


 汚れ具合から考えると、半年に1回くらいは、こうやって磨いた方が良さそうですね。


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 15:30| Comment(5) | TrackBack(0) | ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。