2008年07月18日

DIY失敗談〜プラグコード編〜

 僕の車の楽しみ方のひとつにDIYでのメンテナンスがあります。
 今でこそサクサクと出来てますが、ここに至るまでは数々の失敗談があります。そんな失敗談を綴ってみたいと思います。

 学生時代に親父から譲ってもらったのが、83年式のBMW318iでした。型式でいうとE30、3シリーズになって2代目。ちょうどBMWの日本法人が立ち上がったころで、バブル景気の始まりで「六本木のカローラ」なんて称号がついてたらしいです。

 車齢10年になろうかという車体でしたが、憧れのBMWでしたので喜んで乗ってました。学生なので、金は無くても暇は沢山あったので、あらゆるところを分解しては、掃除してを繰り返してました。もちろん車の整備に関する本を読み漁って構造を理解しようと一生懸命でした。

dist.PNG ある日、プラグに電気を供給しているプラグコードの存在を知りました。ディストリビューターで振り分けられた電流を運んでいるので、抵抗が少ない方がパワーアップするらしいです。そのためには「コードの接点を磨いて、接点用のグリスを塗りなさい」と神の啓示がありました(笑)
 さっそく自分の愛車のプラグコードを磨いてやろうと、ボンネットを開け、デスビからコードを抜くと煤けてます。綺麗に磨いて、グリスを塗って戻しました。続いてエンジン側を抜こうと・・・・うん?抜けない。構造的にはプラグキャップの根元でプラス端子側を挟んでいるだけなので、思いっきり抜けば良さそうです。
 意を決してコードを引っ張ると・・・

 スッポーン!!

 な、な、ななな、ナントォッ!コードとプラグキャップが千切れてしまいましたとさ(爆)

 そうです、プラグキャップを掴んで抜かなくてはならないのに、コードだけ引き抜いてしまいました。まぁ、それくらい中のコードが腐食してボロボロだったとも言えますが。

 その後、泣きながらコードを差し込み布ガムテープで固定して、しばらく乗ってました。

 今、思えばエンジンの振動で外れたらショートしてしまう可能性が有った訳で、、、、ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

 若気の至りでした・・・(反省)


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 21:30| Comment(5) | TrackBack(0) | パーツ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。