2008年07月06日

ボディダンパー取付(フロント編)

 昨日の続きのボディダンパーの取付作業です。

front.PNG リアの取付はジャッキアップしなくても作業は出来ましたが、フロントはフロントアクスルの後方、ギアボックスの下への取り付けになりますので、完全に車体の下に潜らないといけません。
 久しぶりにウマを噛ませての作業になりました。


CIMG0807.JPG E46の頃から、BMWのジャッキポイントは特殊な形状になってますので、市販のジャッキやウマを使用するときは、硬質なゴムや木材を噛ませた方が良いですね。
 失敗するとジャッキポイントの樹脂部品が破壊されます(笑)


CIMG0829.JPG 準備する工具は、以下の通りです。
・8ミリと10ミリのレンチ(アンダーカバー用)
・14ミリのレンチ(ブラケットに取り付け&調整)
・14ミリのソケット(ブラケット取り付けボルト用)
・16ミリのソケット(フロントアクスルのボルト用)
 リアの18ミリに続いて、16ミリのソケットは、マイナーなサイズです。


CIMG0810.JPG アンダーカバーを取り外しに掛かります。ビスは全て8ミリですので、恐る恐る車体下に潜って目に付くビスを全て緩めていきます。
 ワッシャーのサイズによって、ビスは2種類あるので、場所を覚えておきましょう。


CIMG0811.JPG フロントスポイラー部分は外さずに、リア側が垂れ下がった状態で作業できそうなので、横着をしてそのままにしておきます。
 お目当てのボルトがアンダーカバーの中にあるので、タイヤハウス後方にある、小さい三角のカバーも外します。


CIMG0818.JPG このカバーは8ミリ3本と10ミリ1本で留まっています。8ミリ1本はタイヤハウス側にビスが有りますので、ご注意ください。


CIMG0830.JPG さて、お目当てのボルトが出てきました。左側はレンチでも外せる箇所にありますが、右側は周囲が囲まれていますので、ソケットでないと外せません。


CIMG0812.JPG ボルトを外せたら、ボディダンパーを取り付けます。
 右側のブラケットを隙間に差し込んで、左側のボルトから締めこむとやり易いですね。ボルトは製品に付属のものを使います。


CIMG0832.JPG 後はトルクレンチで56Nmで締め付けます。しかし、右側が結構グイグイと入っていくので、ビビッてしまって適当なトルクです(爆)


CIMG0833.JPG はい、出来ましたー。
 写真を撮りながら1時間程度ですので、きちんとしたピットでやれば前後で1時間程度の作業でしょうか。
 もちろん、試験走行してアンダーカバーに干渉が無いか確認しないといけないので、丁寧に取り付けるとなると2〜3時間は覚悟が必要ですね。

 早速、試験走行です。

 う〜ん、、昨日ほど感動はしないかも。リアだけで走行した時は、効果に驚きましたが、今日はそれ程です。期待値が大きかったのでしょうか。


 そこで、昨日の状態で乗ってない、相方の登場です。
 寝起きを無理矢理起こして、近所を一周してもらいました。戻ってきて、一言。

 「乗り味がマイルドになった!」

 やっぱり、効果アリのようですね。良かった良かった。
 これで効果が無かったら、家庭内の治安が崩壊するところでした(笑)

 今回も無事にDIYでの作業を終えましたが、この作業はあまりDIYでやることはおススメしませんねー。工具を揃えるのに結構コストが掛かります。しかも完全に車体に潜るので危険が伴いますしね。

 次はもう少しお気楽なDIYにしたいと思います。


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 12:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 足回り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。