2008年07月05日

ボディダンパー取付(リア編)

 巷で噂のCOXボディダンパー(ヤマハパフォーマンスダンパー)を、DIYで320クーペに取り付けてみました。

front.PNG まずはマニュアルを熟読すると、フロントはフロントアクスルの後方に、リアはバンパーのキャリアに共締めするようです。フロントは巨大なアンダーカバーを外す必要があり、少し手間がかかりそうなので、まずはリアから始めます。


carrier.PNG リアのバンパーの構造はこのようになっていて、赤い線がボディダンパーで、青い点がボルト締めする箇所です。
 ホントにこんなところにダンパーを仕掛けるだけで乗り心地が良くなるのか半信半疑ですが、なぜかワクワクしてます(爆)


CIMG0768.JPG 準備する工具は、以下の通りです。
・8ミリと10ミリのレンチ(アンダーカバー用)
・14ミリのレンチ×2本(ブラケットに取り付け&調整)
・18ミリのレンチ(バンパーキャリアのナット用)
 18ミリのレンチやソケットはあまりメジャーなサイズでは無いので大きめのホームセンターで探してくださいね。


CIMG0759.JPG アンダーカバーを外します。前方に鉄色の10ミリが3本、後方に黒色の8ミリが2本です。
 赤い丸が10ミリのビスです。


CIMG0763.JPG 外れました。せっかくなので洗って綺麗にしておきましょう。
 赤い丸が8ミリのビスです。


CIMG0761.JPG バンパーキャリアのナットを片側2個づつ外します。レンチの方が外しやすいですが、舐めない用に注意しましょう。
 ソケットは取り外す時はロング、締め付けるときはショートのものが作業しやすいです。
 この作業は一番辛いです。頑張れー。


CIMG0770.JPG そして、ダンパー本体にブラケットを取り付けます。マニュアルにはブラケットを車体側に取り付けてからとありますが、既に組んである状態で譲って頂いたのでそのままです。
 後で調整するので、ボディダンパーとブラケットの14ミリのボルトは緩めに締めておきます。


CIMG0774.JPG 先ほど外したところに、製品に付属しているカラーを通します。僕は13ミリのものを使いました。


CIMG0776.JPG ボディダンパーとブラケットを車体側に取り付けます。最初に外した18ミリのナットで共締めします。66Nmで締め付けます。


CIMG0780.JPG ブラケットをダンパー本体を14ミリのレンチでしっかりと締め付けます。締め付けトルクは55Nmだそうですが、テキトーです(笑)


CIMG0781.JPG はい、完成しました。簡単でしたねー。

 続いてフロントをと思ったら、、、上空に怪しい雲が、、、遠くでゴロゴロ鳴ってます。途中で降り出したらえらいことなので、今日の作業はここまでとします。


 ボディダンパーは前後揃って装着することになってますので、片方だけ装着したときのインプレッションなんかも楽しいかもしれません。

 さて、試走してみました。

 ズバリ!効いてます

 リアだけでも乗り心地が向上したのを体感できますね。ホント不思議です。フロントも取り付けたらどうなるのでしょう?楽しみです。


↓クリックしてね♪
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

posted by こうちゃん at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 足回り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。